忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308
会社を倒産の危機から救った3代目経営者のセミナーを受講する機会に恵まれ、タイトルの原価管理と工程管理で粗利益を増やして、儲かる会社に変身された経営者のお話をお聞きした。

自説の建設業を儲かる会社にするには、粗利益を増やす事が一番重要である事が他人の話からも再認識できた。

土木の会社で自社労務費の原価をネットワーク工程表の作成から計画力の改善で生産性の最大化で原価の低減を実践されたお話であった。

終了後の懇親会の席での講師の先生に質問を投げかけられたお話を紹介すると、

皆さんが、話は良く分りますが、どうやって会社の中に落とし込み社員さんに実践させる事が出来たのでしょうか?

この質問に対して
①会社が倒産の危機にあり、やるしか道がなかった。
②社員さんを恋人のように思い、毎日同じ事を繰り返しお話してやらせる。
(そこで別の参加者から、トヨタ自動車の張元社長の言葉をお聞きした。)
リーダーの条件、くどく、しつこく、細かくの3つの“い”がリーダーの必要な事そんなアドバイスを頂き、納得できた。

知っている事だけでは駄目で、幾ら勉強して知識が多くなっても、その事を実践出来る事、つまり出来る事(会社でやらせる事)が儲かる会社に変われるか、変われないか、の分かれ道になる。

そんな事をより深く学ばせて頂いた。

③更に講師に、出来る社員を引き上げる事は出来るが、出来ない社員をどう指導して変わらせるのか?
そんな質問に対して、常に自ら言葉を掛けて、出来ない社員に必要性を話する。そんな事もお話頂いた。

いずれにしても、儲かる会社にする為に、仕事の改善を言うだけでなく、どうやらせる事が出来るか、経営者の最重要ポイントである事を再認識させて頂いた学びの日でした。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]