忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306
ご紹介からお邪魔した専門工事業の年商3億円位の建設会社でのお話です。

お聞きすると現金出納帳の記入は無し、領収書の束を会計事務所に纏めて渡し現金の残高も分らない状態です。

つまり社長夫人が領収書と引き換えに社員さんや社長の旅費等経費を精算、会社の現金残高は翌月会計事務所で入力してから残高が作られていくような形です。

銀行帳の記帳も無し、会社の普通預金の通帳をコピーして渡すだけで完了。

会計事務所では、決算の時だけ売掛金や工事未払金の残高を確認して決算を組むようです。

私自身、経理の担当者だった頃を思い出しても、毎日現金出納帳は記帳(当時は手書き)残高と実際の現金残高の金種明細も作成、毎日残高確認

銀行帳も毎日記帳して預金残高等も毎日一覧表を作成していた経験から、この会社の経理処理のずさんさは考えにくいのですが、実際にこんな会社があるのも事実です。

これでは経営成績等全く見えていない事の問題点や、現金の領収書が1枚紛失でもすれば、社長夫人の立替分が無かった事になってしまう。

恐ろしいような、自分では考えられない様な経理処理でした。

原因はと考えてみると、会計事務所も記帳代行をするのは良いかと思いますが、もう少しファイリングの指導とか、現金出納帳だけでも毎日自社で入力させるとか改善を考えないとこのままの状態で売上が伸びれば、成行き任せの経営が続く訳で、将来恐ろしい事だけはお話してきました。

経営を伸ばす等会社の成長は経営者の願いだと思います。

そんな会社を伸ばしたい経営者には厳しくご指導頂けて説明して頂ける、会計事務所をパートナーに選んで欲しいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]