忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309
稲盛和夫さんの名言集を読んでいました。その中にあるお客様に是非紹介したい名言がありました。

そのお客様は年商8億円の専門工事の会社です。

その会社の、社長さんとお話する機会があり、お仕事の話をさせて頂きました。

いわゆる営業的なお話が出来ました。興味はありそうなので、専門工事の下請仕事の会社さんは工事価格に対して支配権があまり無く、元請さんの指し値で工事の受注金額が決まる。だから工事種類別の利益率や元請毎の利益率の把握が必要、原価管理の仕組みが必要、月次試算表の作成が必要そんなお話をさせて頂きました。

同調してお話をお聞き頂きましたが、社長のお言葉は

まだ我が社は小さい会社なので、もう少し大きくなったら必要が出てくると思う。そんなに酷いどんぶり勘定でも無いので今はシステムの構築は必要無いわ

残念なお言葉でしたが、経営者が必要とお考えの方にお客様になって頂くしかないので、またその時は宜しくお願いします。で終わりました。

その時にこの名言を知っていたら、お伝えしたかったと思います。

その名言は

“会社が大きくなってから(会計や社内)システムを作るのではなく、小さいころからしっかりしたシステムを作ったから、京セラは大きくなれたし、大きくなっても大きな問題が起きなかった”

そうなんです。勿論掛かる費用と期待できる効果を判断するのは経営者の仕事ですが、その観点から大事だけど、必要だと思うけど、今はその費用をかける事が出来ないので、又その時が来たら頼むわ

そんな言葉で断ってくれれば、この会社の将来に期待が持てます。
素晴らしい仕組みが出来て業績が向上するから、大きい会社に成長する可能性が高くなると思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]