忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
職務分掌とは、昔、勤務時代に手がけた事がありますが、殆どの中小建設業では規定がありません。

人事労務用語辞典には「職務分掌」とは、組織においてそれぞれの職務が果たすべき責任(職責)や職責を果たす上で必要な権限(職権)を明確にする為に、職務ごとの役割を整理・配分する事です。多くの企業では・組織では個別の部門・部署や役職、あるいは特定の担当者について、それぞれの仕事の内容や権限・責任の範囲等を定義し明文化しています。この文章を「職務分掌規定」「職務分掌表」と呼びます。

と記載されていました。

多くの会社で規定が無いと思います。規定をきちんと作りましょうと申し上げている訳ではありません。

例えば工事の一部を外注先に依頼した時に、図面を渡したり材料、工程等を打合せが必要な筈です。だから工事に不具合があったり、工期が遅れたりすれば、外注先の責任が明確で、内容によっては弁償等損害の責任も外注先が持つ場合もあるのです。

社内においては、部長職や課長職又は取締役と呼ばれている方々が、仕事上の問題を起こしたり、部下の問題等に対して、自分はどうすべきか?よく分っていない方を見かけます。

何が申し上げたいかと言うと、社長が役職者等に抜擢した時に名刺の肩書だけを変えるのではなく何の担当責任があるか?どういう事を責任を持ってやって欲しいか?

等よく説明していないケースが多くみられる、特に中小建設業では、管理職も自分の現場も持ちながら部下の現場もみる、選手兼任の場合が多い訳です。自分の現場が忙しい事を理由に管理職としての役割を果たしていない事が多い。

社長が進んでこの部分を取組、幹部に期待する事、やって欲しい事等積極的に話すべきだと思う。


PR
年商9億円の専門工事会社A社での銀行借入のお話です。

A社は債務超過の厳しい経営状況を脱して、毎年黒字の決算です。自己資本も多くなってきました。

銀行からの借入金は全て保証協会付の借入金でした。又元請け先の手形も集金後直ぐ割引をしていましたが

最近は長期の借入金は保証協会付の借入金が主体ですが、好決算を背景に銀行にお願いした所

短期の手形借入が出来るようになりました。又必要な時に何時でもお金が借入出来る、当座貸越も交渉中です。又手形の集金分も割引せずに期日迄持越す事も出来る程に好転しています。

借入金は銀行が保証協会付を進めてきますが、設備等の長期資金は別かも知れませんが保証協会付の場合には、金利が安いとはいえ保証料が別途掛かります。結果保証料と金利を足せば高い金利で借り入れた事になります。もう1つ銀行が勧める理由は、万一の時に80%又種類によっては100%銀行は保証協会から回収可能な為保証付を勧める訳です。

何が言いたいかと言えば、会社の資金調達能力の向上の話です。

手形は割引かずに手元にあれば、その金額は必要な時に直ぐ割引して資金化出来る訳です。
名古屋人は借入が嫌いな方も見えますが、売上が減ったり得意先の不慮の事故等で回収が遅れて資金繰りに支障をきたす場合などには、手形が手元にあれば容易に資金化出来る訳です。

又保証協会の借入枠も無担保枠についても、信用面の評価もありますが、今迄の借入実績も評価される訳で、その無担保枠を空けておけばいざとなった時に借入しやすい訳です。

結果、会社の資金調達能力が向上したと言えるのでしょう。

自社の資金調達能力を年に1度、決算書が出来た時位は、借入金の内訳や自社の担保能力や個人の担保余力、会社に提供する事が出来る預金額等

自社の資金調達能力について、考えてみる事も社長の重要な仕事です。






タイトルの面従腹背(メンジュウフクハイ)はうわべは従順にみせかけ、内心では従わない事と辞書にはあります。

社長がセミナーや経営者塾等で勉強されて、今我が社に必要な改善策を社内に導入しようとする。

よくある話ですが、いわゆるトップダウンでの施策が打ち出されますが、上手くいかない会社さんを拝見するとタイトルの面従腹背が多く見られます。

上手く機能させ、社長が必要と思う改善策を実行出来業績が向上する事が大事なのです。
その為には幾つかの注意が必要です。

1つには、社員さんに理解されない事です。社長の説明不足が原因です。言えば分る方は大丈夫かもしれませんが、言っても分らない方又は分ろうとしない方が見えます。丁寧な説明が重要です。

でも忙しい社長が個別にしなくても、完全に理解した社長の影武者を作る事です。それが担当部署のトップであったり、ナンバー2の役割です。

社員からすれば、今迄の仕事のやり方を変える事への不安や恐怖もある訳です。或いは自分にとって都合の悪い事が起きたりします。だから改善のやり方を言われてみても、そのようにやらずに今迄通りのやり方で仕事をします。それを注意すると、出来ない理由をいっぱい並べ抵抗します。

これを放置する事が上手くいかない会社の特徴です。

ではどうすれば良いのか、改善策の導入前に手間でも、なんでこれが必要なのかを説明する事は勿論ですが、それを進めると社員側の立場で何が不都合かの意見を聞いたり、どんな効果があるか等話しあう事が必要です。

又主にこの改善策を推し進める責任者を決めます。その方が改善策の進捗度を確認したり、逆らう社員に話をしたりする必要があります。

でも、業績が常に良い会社さんは、決まった事が当たりまえのように進みます。

悪い会社は、何を決めても、知らぬ間に決めた事が守られず、反故にされたり、決めた事が消滅しています。

結局はこれが社長さんの差でしょうか?

社長が決めた事あるいは会社で決まった事が守られない会社の社長さんは反省が必要です。


建設会社のA社は創業20年になります。

現社長が若い頃に起業され順調に創業15年位の時には年商10億円位に成長されていました。

最近5年位は社長の積極的な事業の拡張や勉強熱心で経営者塾の参加等から新規の施策を実施して売上が3倍強の規模に成長されました。利益も原価管理の改善や経理の見える化等の成果もあり売上の伸び以上の比率で伸びて大変良好な状況です。

此処で社長の悩みが発生しています。

創業以来片腕として活躍して頂いたNO.2の専務や経理部門を支えて頂いた奥様役員についてです。

工事部門のエキスパートとしての存在感や人望が厚く素晴らしい専務がいたから此処まできたとも言えますが、経営者として会社の未来計画や経営者的感覚を身に付けて欲しいと、経営者塾等に参加されたり勉強はされるのですが、現場で発揮する手腕に比べれば難しい部分が多く発生しています。
又経理の部門長として奥様も財務諸表の理解や資金繰り、銀行対応等今迄以上に難しい役割を担う事について、少し難しい部分も出てきています。

代わって社歴は新しいが、前職が会計事務所や銀行員であったり、新しく幹部として育っている人材も出てきているのが現状です。

会社の伸びに伴う、社長の期待通りに成長して頂ければ問題無いのですが・・・・・・・

もう1つ上のクラスの社長になる為の悩みは尽きません。

10年近く前に経営状況の厳しく、資金繰りに余裕のない会社の財務担当の方から3月31日にお電話を頂いた。

内容は3月31日期日に書き換え予定の短期借入金の手形の一旦返済を銀行に迫られたと言う厳しい内容であった。

通常は半年毎に手形を書き換える、いわゆるころがしの運転資金としての借入分で事前に何も言われていないので、資金繰り上も返済の準備もしていなかった。

会社としては、月末の手形決済資金を最優先にその他の月末引落や月末支払を引けば残高に余裕がある訳ではなかった。

当然ながら銀行に出来ない旨のお話と事前通告の無かった事に財務担当者と社長で抗議して頂いた。
銀行の言い分は、明確な話は分らないが、推測するに支店内の3月31日の貸付残高の都合のようだった。1日だけ一旦返済頂いて4月1日には資金を入れますのでお願いします。そんな話だった。

なんとか資金のやり繰りをして事無きを得たが、銀行との立場の弱さから受け入れざるを得ない事情と、建前で言えば、3月31日が借入手形の期限であった為決裁が必要な事は分るのですが・・・・・・

又逆の場合には、銀行都合で自分たちの成績の為に、必要のない資金を3月末に借入て下さい。4月上旬に返済して頂ければ結構です。自分が勤務時代には銀行からよく頼まれ融資を受けたものです。

このように銀行都合の予想外の事も起きる訳です。特に資金の不足は会社の命運を左右します。

中小企業の経営者にとって資金余裕を持つ経営が大事だと思います。

その為には儲かった時に沢山の役員報酬を取り、生活レベルを上げずに、沢山の個人貯金を作る事。

又会社の資金調達能力と個人の資金調達能力、担保余裕の事、保証協会等の残高、プロパーで銀行が出してくれる金額予測等

会社の決算書が出た時等に、考えてみる事も大事な事だと思います。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]