忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
ある著名な方のブログに書かれていました。

それは、一流はタイムリーに自ら決定する。

二流はタイムアウトで決定させられる。

又ある書籍には、社長業の大事な仕事は決断する事。

ある先生のセミナーでは

“良いと思ったら直ぐ実行する。拙いと分ったら直ぐ止める勇気を” そんな事も学んだ。

つまり世の中の変化や会社の状況は刻々と変わっていく。

会社の舵取りをする仕事の社長が指示を出さなければ、会社は変る事が出来ない。

実際お客様の社長を見ても

我々の意見は参考意見としてお聞き頂いた上で直ぐ実行に移す社長と

毎回、毎回、同じ話をしても、意見を聞くだけで実行に移せない社長が存在する。

勿論リスクは経営に付き物で、やらない方が良いと判断する事も重要だが、一番悪いのは考えもしない、決断もしない、結論を先延ばしにするだけで、時間切れで悪い方向に進む事だと思う。

今頭の中にお客様の社長の顔が複数名浮かんでいる。

前者の社長の顔も複数浮かんでくる、後者の社長の顔も複数浮かんでくる。

どちらの経営成績が良いかは、明らかですが

仕事柄、後者の社長の決断力を付けて頂くアドバイス力の向上が私の課題です。
PR
最近嬉しい連絡がありました。

小さな建設業の脱!どんぶり勘定の読者である中小企業診断士の方からでした。

地方の信用保証協会からの依頼で建設業の経営支援に出向いた会社さんの内容が

書籍の改善事例と同様な内容の会社のようです。

ご相談があったので、もう少し詳しくご説明させて頂きました。

診断士の先生の保証協会へのレポートには、拙書の内容にそった事が順番に書かれていました。

自分の書籍が他のコンサルタントの経営指導に利用して頂く事が、自分の社会貢献になったとも言える訳です。

大変嬉しい思いです。

又少し遠方なので、お受け出来るかどうかは分りませんが、紹介するので同行して欲しいとまで言われました。

つまり、自分が営業しなくても書籍が一人歩きをして事業の拡大に繋がる事

又私の書籍を読んで、自分以外のコンサルタントが建設業の経営指導の参考にして頂ける。

つまり人のお役に立てる事の実感を得られました。

本当に書籍を発刊させて頂いた事が良かったと実感出来る出来事でした。
前年の消費税の納付額が400万超で4800万以下の会社さんについては4半期毎に前年の納付額の4分の1が予定納税として通常納付書が到着して納付する事が決まりです。

私のお客様にはこの規模の会社さんが多くあります。

この制度は予定納税の仕組みで、同様に前年の法人税の納付額が20万超の場合には、法人税等も前年の2分の1が決算日の8ヶ月後に納付が必要です。

偶々ですが、前年の売上が多く今期の売上減少が大きい会社が2社ありました。

つまり、借受消費税と仮払消費税の差額が前年の4分の1以下の場合でも何も手続きをしないと、納付する必要のない資金が必要になります。

勿論決算で確定すれば還付の場合もありますが、取りあえず何も手続きをしなければ、前年の4分の1を立替払いのような形で資金が必要になります。

私から見たら2社は同じような内容ですが、A社の税理士さんは、会社の状況を見極め立替が無いように仮決算で手続きを済ませて納付額が発生しない事になりました。

B社の税理士さんは何も手続きを取らずに納付書通り払う形を選択しました。

それは面倒なのか顧客サービスの気持ちが無いのか分りませんが私の見た限りB社の顧問税理士のような先生が全体から見れば多いと思います。

ここで申しげたいのは2つです。

一つは経営者としてこの納税の仕組みを知っておいて頂き、前年より大幅に売上が落ちた時等は手続きをすれば予定納税が回避できる事です。

もう一つは税理士さんによってお客様サービスとして納税者の立場で考える事が出来る先生と
その事をスルーして面倒の無い納付書通り払う形を選択するタイプが存在する事です。

自社の事を一番に考えて頂けない、税理士任せにするとより起こり易い事例です。

税理士さんもコンサルタントさんもそして建設業もサービス業です。
お客様第一で心配りが必要です。
大相撲が日馬富士の暴行問題で連日ニュースをにぎやかせています。

私はこの件ではなく、偶々テレビを見ていた時に問題になった、11日目の白鵬と嘉風の一番に注目しました。

白鵬が立会不成立と力を抜いてしまい、土俵の外まで押し倒されました。

そして、1分位土俵に上がらず抗議の姿勢を見せた。審判に促され土俵に上がっても、嘉風の勝ち名乗りを受けた後も土俵上で抗議の姿勢。

見ていた私は、アナウンサーもこれはダメです、横綱の品格とか批判が予想通り多く出ました。

しかし私には今場所の問題もあり、全勝で優勝すると白鵬が自分に言い聞かせて土俵に毎日上がって思い通りに全勝で優勝できなくなった為の勝負のこだわりのような気がします。

つまり、横綱の品格や力士のマナーの点では問題がある事は承知ですが、土俵上で1番に賭ける執念のようなものが感じられました。

勝負事はこだわりも必要だと思います。

ビジネスでも簡単に値引きをしたり、競合相手に負けた時等淡白にせずにこだわりを持って、受注活動や代金の回収等に執念を持って取組んで欲しいと思う。

全くの持論ですが、あの白鵬の態度をみて、異国に来て前人未踏の40回も優勝した事の源流を見た思いです。
ある専門工事のお客様で事業譲渡を受けて、新しく会社を買い取るお話がありました。

売り手の会社の理由は後継者が不在で現社長も70代後半にさしかかり会社の先行きに決着をつけるそうです。

いわゆるM&Aの形のようで検討中です。

結果は分りませんが、この会社のように事業領域を拡大するにはM&Aの手法で関連業種の会社を購入するのは有効な手段だと思います。

たしかに後継者が不在の場合には会社は存続しません。従って会社の始末をつけるには従業員も引き続き雇用されるようですので、迷惑をかけずに止められて、売却資金も社長の老後の資金も得られ良い事かも知れません。

後継者を作れなかった事は残念なことかもしれません。自分の子供以外にも従業員を経営者に育てる事が出来ずに残念な事だと思います。

しかし、財務内容が健全な場合にはこのような形で会社は存続できます。又仮にM&Aで売却出来なくても廃業する事が出来ます。

廃業できないケースの会社も多く存在すると思います。

債務超過等で、自分の財産を全て提供しても会社の負債を払いきれないケースです。

銀行や取引先に迷惑をかけずに自分の事業を始末出来るか?
経営者はその位は、自社の財務に対する知識を持って頂きたいと思います。
決算書の在庫等は資産になっていても処分するのにお金が掛かる場合もあります。

後継者に恵まれず、M&Aで売却する事も出来ず、他人に迷惑をかけずに廃業する事も出来ない会社の社長さん

もうひと踏ん張り頑張って廃業出来るレベルまでは会社の業績を回復させましょう。



カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/19 crystal]
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]