忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
年商9億円の専門工事会社A社での銀行借入のお話です。

A社は債務超過の厳しい経営状況を脱して、毎年黒字の決算です。自己資本も多くなってきました。

銀行からの借入金は全て保証協会付の借入金でした。又元請け先の手形も集金後直ぐ割引をしていましたが

最近は長期の借入金は保証協会付の借入金が主体ですが、好決算を背景に銀行にお願いした所

短期の手形借入が出来るようになりました。又必要な時に何時でもお金が借入出来る、当座貸越も交渉中です。又手形の集金分も割引せずに期日迄持越す事も出来る程に好転しています。

借入金は銀行が保証協会付を進めてきますが、設備等の長期資金は別かも知れませんが保証協会付の場合には、金利が安いとはいえ保証料が別途掛かります。結果保証料と金利を足せば高い金利で借り入れた事になります。もう1つ銀行が勧める理由は、万一の時に80%又種類によっては100%銀行は保証協会から回収可能な為保証付を勧める訳です。

何が言いたいかと言えば、会社の資金調達能力の向上の話です。

手形は割引かずに手元にあれば、その金額は必要な時に直ぐ割引して資金化出来る訳です。
名古屋人は借入が嫌いな方も見えますが、売上が減ったり得意先の不慮の事故等で回収が遅れて資金繰りに支障をきたす場合などには、手形が手元にあれば容易に資金化出来る訳です。

又保証協会の借入枠も無担保枠についても、信用面の評価もありますが、今迄の借入実績も評価される訳で、その無担保枠を空けておけばいざとなった時に借入しやすい訳です。

結果、会社の資金調達能力が向上したと言えるのでしょう。

自社の資金調達能力を年に1度、決算書が出来た時位は、借入金の内訳や自社の担保能力や個人の担保余力、会社に提供する事が出来る預金額等

自社の資金調達能力について、考えてみる事も社長の重要な仕事です。






PR
タイトルの面従腹背(メンジュウフクハイ)はうわべは従順にみせかけ、内心では従わない事と辞書にはあります。

社長がセミナーや経営者塾等で勉強されて、今我が社に必要な改善策を社内に導入しようとする。

よくある話ですが、いわゆるトップダウンでの施策が打ち出されますが、上手くいかない会社さんを拝見するとタイトルの面従腹背が多く見られます。

上手く機能させ、社長が必要と思う改善策を実行出来業績が向上する事が大事なのです。
その為には幾つかの注意が必要です。

1つには、社員さんに理解されない事です。社長の説明不足が原因です。言えば分る方は大丈夫かもしれませんが、言っても分らない方又は分ろうとしない方が見えます。丁寧な説明が重要です。

でも忙しい社長が個別にしなくても、完全に理解した社長の影武者を作る事です。それが担当部署のトップであったり、ナンバー2の役割です。

社員からすれば、今迄の仕事のやり方を変える事への不安や恐怖もある訳です。或いは自分にとって都合の悪い事が起きたりします。だから改善のやり方を言われてみても、そのようにやらずに今迄通りのやり方で仕事をします。それを注意すると、出来ない理由をいっぱい並べ抵抗します。

これを放置する事が上手くいかない会社の特徴です。

ではどうすれば良いのか、改善策の導入前に手間でも、なんでこれが必要なのかを説明する事は勿論ですが、それを進めると社員側の立場で何が不都合かの意見を聞いたり、どんな効果があるか等話しあう事が必要です。

又主にこの改善策を推し進める責任者を決めます。その方が改善策の進捗度を確認したり、逆らう社員に話をしたりする必要があります。

でも、業績が常に良い会社さんは、決まった事が当たりまえのように進みます。

悪い会社は、何を決めても、知らぬ間に決めた事が守られず、反故にされたり、決めた事が消滅しています。

結局はこれが社長さんの差でしょうか?

社長が決めた事あるいは会社で決まった事が守られない会社の社長さんは反省が必要です。


本日は社会保険料の削減策のお話です。

私は社会保険労務士でも有りませんし専門的なお話は出来ませんが、自分が総務部長として勤務していた時の少しセコイ事かも知れませんが、入社日と退職日にこだわりを持っていました。

例えば5月1日の入社日付も5月31日の入社日付も同じ5月入社として5月分の社会保険料が掛かります。だから面接等を経て採用が決まり、入社日の相談をする時は、特別な理由がない限り月末近くの入社日は避けて、月初の入社日として社会保険の手続きをしておりました。

又退職日付についても、社員から辞表等が出て所属長や社長から退職届を受理されて退職日の相談になった時には月末の1日前の日付を選んで退職する社員と打ち合わせていました。

何故なら、例えば5月30日が退職の場合には、社会保険の資格喪失日は5月31日になります。

その場合に資格喪失の月(5月)の前月(4月)迄の社会保険料は掛かりますが、5月分の社会保険料は掛かりません。

逆に5月31日が退職日の場合には、資格喪失日は6月1日なりますので、5月分の社会保険料は社員さんからも徴収しなければなりませんし、会社の法定福利費の負担についても5月分は掛かる訳です。

入社日や退職日が1日違うだけで、社会保険料の負担は1ヶ月変ります。

標準報酬月額が仮に30万円の約15%位が経費の削減になります。

但し社会保険料の為に、無理に退職日を押しつける事は拙いと思いますが、感謝される事も有りました。

それは退職後に配偶者の扶養家族に入る場合等は自分の保険料負担は無く配偶者の社会保険に加入できる為、退職社員も1日前の退職日付で1ヶ月分の社会保険分が手取り給与が増える為です。

少しセコイ話しでしたので、書くのも躊躇いましたが、社員の出入りの多い会社さんでは以外に経費の節減効果も高いと思います。

是非ご参考にして下さい。

お客様の安全大会に参加させて頂きました。

そこで小さな気遣いを頂き、感心させて頂いた出来事です。

それは、資料等の入った大きい封筒に参加者の氏名が一人づつテプラで貼ってありました。

その後に立食形式の懇親会が有り、お酒も入り自分の配布された封筒が分らなくなる事を防ぐ為と思います。

100名以上の参加者でしたので準備される方も大変だったと思います。

しかし事前に参加申込で社名や氏名が判明しているので、事務的な作業で参加者の資料の取り違えや忘れ防止に役立っていると思います。

以前に参加者の多いセミナーに参加させて頂いた時、講師の書籍を受付で購入して封筒に入れておいたのに、その後の懇親会で間違えられたのか、封筒が無くなっていた経験も有りました。

参加者全員の封筒が同じですので、こんな事もあろうかと思います。

主催者の小さな心遣いですが、感謝の気持ちを持たせて頂いた封筒のテプラでした。


お客様の安全大会に参加させて頂いた時に、講師の大手ゼネコンの元現場所長さんのお話をお聞きした。

大手のゼネコンで大きな現場ではピーク時に1200人の方が現場に入られるそうです。

その方は真夏の暑い時もネクタイをきちんと締めて現場管理をされていたそうです。

理由を聞いてプロ意識に共感した。

何故ネクタイを常に締めているのか?

それは現場で作業をしている作業員さんの命を守る為だそうです。

人間の体の中に血液がどの位あるか?

体重の8%位で、60キロの体重の方だと約5キロ、その3分の1の血液を失うと生命の危機にさらされるそうです。

その量は1.8L位に計算上なるそうです。

1升瓶1本の血液が出血すれば命の危機だそうです。

だから、作業員さんが労災事故等で出血した時に応急処置で血を止める為にネクタイを締めている。現場の針金や電線では血は止まらない、だからネクタイは常に締めている。

そんな思いやりの所長さんなので、現場での労災は一度も経験していないそうです。

現場所長の皆さん、安全書類の提出やKYミーティングも大事ですが、現場所長自らの心活きで現場の作業員の命を守る、所長の心活き感動しました。

これから暑い夏がやってきます。安全第一で頑張りましょう!


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]