忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
建設業において現場を取り仕切る社員さんの呼称について

現場代理人、現場監督、現場担当者、職長さん等の呼称について、どれも同じような意味で使われて公共工事の場合には、現場代理人については文字通り、会社の代表者の代理人として工事を取り仕切り、該当工事に対する請負人(会社代表者)に代わり意思表示(協議、承諾、通知、請求等)
の権限を授与された者。である事は承知していたが、その他の呼称は通称の呼び名のようです。

建設業法には、現場代理人は現場監督者ではないと記載されている。現場代理人が現場監督者の職務を兼ねる時は、労働安全衛生法の定めに従い、職長や作業主任者等有資格者を配置する。と記載がある。

つまり勘違いを私自身もしていたのですが、現場代理人は技術系の有資格者で無くても大丈夫のようです。勿論現場によっては施工管理技士の資格所持者や監理技術者証所持者の常駐が義務付けられている現場もある事は知っていましたが、当たり前のように現場代理人がそれらの資格者が就任していたので、勝手に思い込んでいました。

本日申し上げたい事は、私だけかも知れませんが、通常の実態からの思い込みは他の事でもあり得る事で、キチンとセミナーや文章で表現する時に間違いのないようにしないといけないと言う反省の事と

もう一つは、呼び名がどうであれ、現場監督も現場担当者も現場を任された社員さんは、資格の有無にも関係無く、建設業法にある現場代理人の立場で施主様の対応、協力業者の手配、現場作業員の安全管理、更に工程管理、予算管理等沢山の仕事と重い責任を持って仕事をして頂く事が大事であると言う事です。

つまり会社を代表して工事現場を取り仕切る気概を持って頂ければ、つらい仕事で大変な仕事は良く理解していますが、建築物等出来上がった作品が自分の作品であると、将来子供にも語れる成果を誇れる遣り甲斐のある仕事であると思います。

現場を取り仕切る皆さん
そんな気持ちで仕事に臨んで頂ければ、現場の成果も会社の成果も上がる素晴らしいお仕事だと思います。


PR
稲盛和夫さんの名言集を読んでいました。その中にあるお客様に是非紹介したい名言がありました。

そのお客様は年商8億円の専門工事の会社です。

その会社の、社長さんとお話する機会があり、お仕事の話をさせて頂きました。

いわゆる営業的なお話が出来ました。興味はありそうなので、専門工事の下請仕事の会社さんは工事価格に対して支配権があまり無く、元請さんの指し値で工事の受注金額が決まる。だから工事種類別の利益率や元請毎の利益率の把握が必要、原価管理の仕組みが必要、月次試算表の作成が必要そんなお話をさせて頂きました。

同調してお話をお聞き頂きましたが、社長のお言葉は

まだ我が社は小さい会社なので、もう少し大きくなったら必要が出てくると思う。そんなに酷いどんぶり勘定でも無いので今はシステムの構築は必要無いわ

残念なお言葉でしたが、経営者が必要とお考えの方にお客様になって頂くしかないので、またその時は宜しくお願いします。で終わりました。

その時にこの名言を知っていたら、お伝えしたかったと思います。

その名言は

“会社が大きくなってから(会計や社内)システムを作るのではなく、小さいころからしっかりしたシステムを作ったから、京セラは大きくなれたし、大きくなっても大きな問題が起きなかった”

そうなんです。勿論掛かる費用と期待できる効果を判断するのは経営者の仕事ですが、その観点から大事だけど、必要だと思うけど、今はその費用をかける事が出来ないので、又その時が来たら頼むわ

そんな言葉で断ってくれれば、この会社の将来に期待が持てます。
素晴らしい仕組みが出来て業績が向上するから、大きい会社に成長する可能性が高くなると思います。
会社を倒産の危機から救った3代目経営者のセミナーを受講する機会に恵まれ、タイトルの原価管理と工程管理で粗利益を増やして、儲かる会社に変身された経営者のお話をお聞きした。

自説の建設業を儲かる会社にするには、粗利益を増やす事が一番重要である事が他人の話からも再認識できた。

土木の会社で自社労務費の原価をネットワーク工程表の作成から計画力の改善で生産性の最大化で原価の低減を実践されたお話であった。

終了後の懇親会の席での講師の先生に質問を投げかけられたお話を紹介すると、

皆さんが、話は良く分りますが、どうやって会社の中に落とし込み社員さんに実践させる事が出来たのでしょうか?

この質問に対して
①会社が倒産の危機にあり、やるしか道がなかった。
②社員さんを恋人のように思い、毎日同じ事を繰り返しお話してやらせる。
(そこで別の参加者から、トヨタ自動車の張元社長の言葉をお聞きした。)
リーダーの条件、くどく、しつこく、細かくの3つの“い”がリーダーの必要な事そんなアドバイスを頂き、納得できた。

知っている事だけでは駄目で、幾ら勉強して知識が多くなっても、その事を実践出来る事、つまり出来る事(会社でやらせる事)が儲かる会社に変われるか、変われないか、の分かれ道になる。

そんな事をより深く学ばせて頂いた。

③更に講師に、出来る社員を引き上げる事は出来るが、出来ない社員をどう指導して変わらせるのか?
そんな質問に対して、常に自ら言葉を掛けて、出来ない社員に必要性を話する。そんな事もお話頂いた。

いずれにしても、儲かる会社にする為に、仕事の改善を言うだけでなく、どうやらせる事が出来るか、経営者の最重要ポイントである事を再認識させて頂いた学びの日でした。


お客様のご紹介にて訪問させて頂いた年商10億円の専門工事の建設会社さんのお話です。

この会社では未成工事の支出金を工事毎に分るようになっていました。

その処理が可笑しく税務調査にて指導されたようです。

お話をお聞きすると期末に未成工事支出金の金額を全額売上計上していたようです。

何故売上なのかは分りませんが、税務署の言うには『未成工事支出金の金額を売上計上するのでは無く当期の平均利益率分を加算して売上計上して下さい』
そんな指導です。

その会社さんでご説明させて頂きましたが、未成工事支出金は仕掛工事とも言いまして、工事途中に支払った金額ですので、棚卸資産に計上される事が正しい決算の処理方法です。とご説明させて頂きました。

どうして申告された税理士さんが売上に計上されたかは不明ですが、今迄未成工事支出金の計上漏れについてはよくある話ですが、売上に上げてその分の利益が乗せてないご指導もどうかと思う。

私が税務職員だったら、決算の処理方法が間違っています。とまず教えたうえで、売上にするのであれば、平均利益率は加算されないと、翌期に利益分が増加しますので、今期の利益分が先送りとなります。“だから平均の利益分を今期に計上して下さい』と説明します。

もう一つ売上に計上しなくても、未成工事支出金を棚卸資産として計上して頂ければ、翌期完成した時に売上になり差額が翌期の利益になります。それが正しい処理です。

又売上にすれば、借受消費税が発生して、翌期に納付すべき消費税が今期先に納付する事になります。

其処までご説明して頂ければ、お客様の経理レベルの向上に役に立つのに・・・・

税理士さんにお任せの会社では、よくあるお話かもしれません。

税理士さんも建設業で10億の会社を顧問に持たれるのですから、正しい処理で決算を組んで欲しいと思いましたしこういう税理士さんが見えるのであれば、税理士会等で建設業の決算処理の講習等も是非実施して、建設業の正しい処理を認知して頂きたいと思います。

でも会社の社長や経理担当の方にご説明してご理解を頂いたので、次年度からは正しい処理に改まると思います。

少しは人のお役に立てた訪問だったと思います。
ご紹介からお邪魔した専門工事業の年商3億円位の建設会社でのお話です。

お聞きすると現金出納帳の記入は無し、領収書の束を会計事務所に纏めて渡し現金の残高も分らない状態です。

つまり社長夫人が領収書と引き換えに社員さんや社長の旅費等経費を精算、会社の現金残高は翌月会計事務所で入力してから残高が作られていくような形です。

銀行帳の記帳も無し、会社の普通預金の通帳をコピーして渡すだけで完了。

会計事務所では、決算の時だけ売掛金や工事未払金の残高を確認して決算を組むようです。

私自身、経理の担当者だった頃を思い出しても、毎日現金出納帳は記帳(当時は手書き)残高と実際の現金残高の金種明細も作成、毎日残高確認

銀行帳も毎日記帳して預金残高等も毎日一覧表を作成していた経験から、この会社の経理処理のずさんさは考えにくいのですが、実際にこんな会社があるのも事実です。

これでは経営成績等全く見えていない事の問題点や、現金の領収書が1枚紛失でもすれば、社長夫人の立替分が無かった事になってしまう。

恐ろしいような、自分では考えられない様な経理処理でした。

原因はと考えてみると、会計事務所も記帳代行をするのは良いかと思いますが、もう少しファイリングの指導とか、現金出納帳だけでも毎日自社で入力させるとか改善を考えないとこのままの状態で売上が伸びれば、成行き任せの経営が続く訳で、将来恐ろしい事だけはお話してきました。

経営を伸ばす等会社の成長は経営者の願いだと思います。

そんな会社を伸ばしたい経営者には厳しくご指導頂けて説明して頂ける、会計事務所をパートナーに選んで欲しいと思います。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]