忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358
私が起業当時から変わらず続けている事です。

それは振込手数料の取扱です。

今迄金額に拘わらず、振込料を差引いた事はありません。

それは起業前にあるセミナーで講師の大手税理士法人の先生から、振込料について相殺はしないお話を伺いました。

先生のお話の理由ははっきり覚えていませんが、契約事項に振込料は振込人負担と書いてあるのに振込料を引いて振り込んでくる顧客には、直ぐ再請求を出し更に振込の無い場合には顧問料の値上げを実施する。そんなお話だったと思います。

私なりの解釈で一つの考え方を持ちました。

それは、起業したばかりの私に信用でお取引を頂いた事に対する感謝の気持ちの1つの表現です。

一時とはいえ、私に対する与信を与えて頂けた事のお礼です。11年経った今でも支払金額に拘わらず続けています。

中には振込料は相殺して下さいと記入してある請求書もありますが、
私にとっては取引先に対する、感謝の気持ちです。

お陰様で、私とお取引をして頂いた方が見えるので、11年もお仕事が続けられた要因でもあると思っています。

お客様の中には弊社との契約書の中で、支払方法は振込で、振込料は振込者負担と明記されていても振込料を相殺される場合も多くあります。

起業当初はお客様に一々契約書も見せて契約事項と違うので、改善をお願いしていましたが、最近はまあいいや、の気持ちで申し上げてはいませんが、契約事項は守るべきだと考えています。

振込料については、差引く会社が圧倒的に多いと思いますが、少なくとも契約事項は守るべきだと思います。又最初から支払条件の時に振込料は受取人負担で等明記したりお話を事前にしておけば気持ちの良いお取引が出来ると思います。

今後もお取引を頂ける事へのささやかな感謝の気持ちで振込料の弊社負担を続けたいと思います。
どうせ経費で落ちるのだから・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/19 crystal]
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]