忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356
お客様の社長から服部さん我社の借入金は幾ら位が妥当ですか?

借入金が気になるのですが

そんな相談を受けました。

何かの書籍には、借入可能額の目安として公式がありました。
(減価償却費+税引後利益)X10倍が借入金可能額の目安と書いてありました。

又建設業の所要運転資金(設備等長期の資金ではなく短期的な必要資金)
受取手形+完成工事未収金(売掛金)+未成工事支出金-支払手形+工事未払金(買掛金)+未成工事受入金=所要運転資金です。

又借入金総額が月商の3ヶ月迄は安全圏とか6ヶ月を超えるとイエローからレッドカードとか

別の見方では貸借対照表の総資産の内、有利子負債(借入金)が35%以内は安全圏、65%超の会社は危険水域等

沢山の資料が出てきますが、これらは全て目安であって、ケースバイケースで会社毎に又銀行事情にもよって変動します。

社長に申しげました、様々な指標から自社の数値の確認は必要ですが、それ以上に資金調達能力向上に努力される事が大事です。

決算書の数値や担保力だけの判断ではなく、事業性評価融資と言う、事業内容や成長可能性の評価で融資判断をされる事も出てくる訳です。

此処は社長が自らの言葉で自社の将来性や成長可能性をアピール出来たり、自社の数値の内容を熟知する事も重要になります。

その為には、事業計画の作成やPDCAを廻す経営の仕組み作りが大事です。

まずは事業計画の取組から始めましょうと申し上げました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[01/19 crystal]
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]