忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299
ある知人の若手経営者から新規事業について相談があった。(建設業ではない)

私は建設業で異業種に進出している2名の経営者が頭に浮かんだので上手くいって事業の拡大に成功している方と現在苦戦している方の比較でお話してみた。

専門的に勉強している訳ではなく、あくまで自分の主観に基づく見解です。

①本業から離れない
成功している方は(例)土木工事業⇒不動産・住宅等本業に近い分野の事業に進出
苦戦中の方(例)土木工事業⇒介護福祉・健康エステ等、本業から大きく離れた業種に進出

②資金計画について
成功 企画立案時に資金計画がある(事業計画を立て、個人のお金を出資又は銀行から新事業分で融資を受ける)
苦戦 儲かるシュミレーションはあるが、資金計画は成行き
(此処も資金について必ず調達が必要、本業の資金からの流失は避ける、何故なら本業の会社の借入は既存事業への融資であり、別の角度からみれば資金使途が違い、迂回融資とも考えられる)

③運営主体の担当者
成功 主に担当するその業種の経験者を雇用するが、お任せにしない。必ず社長が内容を把握して社長が決裁する仕組みがある。
苦戦 主に担当するその業種の経験者にお任せ、オーナー気分で自分は新事業に汗をかかない。

④P⇒D⇒C⇒Aのサイクルを実施
成功 プランを実施した上でチェツクの実施、アクションを起こす。(上手くいかないと思った時は撤退も視野に入れる)
苦戦 チェツクがきちんと検証出来ず、上手く行かない現実を直視できず(自分の見栄もあり、赤字が垂れ流しになり、撤退の判断が出来ない)

それらの話をこの若手経営者にお話した。

進出した先の業種にも、以前からの会社が沢山あり、失敗している会社もある訳です。素人がその業種に挑戦する訳です。その事を忘れないで下さい。

上手くいく計画は楽しいし夢があります。でも上手くいかない時の可能性も高いと思い挑戦して下さい。そして撤退する勇気を持ちながら挑戦して下さい。

相談して頂いた若い経営者のやる気にブレーキを掛けたような、アドバイスかも知れませんが

老婆心の言葉通りのアドバイスだったと思っています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]