忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186
お客様の打合せである士業の先生の言葉。重みが感じられた言葉で印象に残った。

発端は決算の打合せで節税の話から、この規模の会社でこの内容なら、キチンと税金を払った方が良いと若い経営者に諭すような辛口のコメントだった。

銭の痛みを経営者は知るべきである。税金を払う痛みをを知る。
公共工事もしている訳で、国に対して偉そうな事を言えない。(税金を払っていないと)

私なりに解釈すると、企業の責任において、納税する事が一つの社会的責任を果たす事と思う。とこの先生は言いたいのだろうと解釈した。

ただ銭の痛みを知ると言う言葉には、他にも経営者は本当の痛みを理解すれば、いつまでも継続する良い会社作りの重要なキーワードになると感じた。

少し儲かり始めたら、外車の購入やら海外旅行やらに会社のお金を使う経営者。○○倶楽部や○○会議所に加入して、勉強と称しながら、交際費を湯水の如く使う経営者、資金繰りに苦しみながら来月幾ら不足するか分らない経営者等等

お金の痛みを良く理解して、沢山儲けて、節税やら、将来の会社の為になる有効な経費を使いながら、税金も払い、そして個人と会社の両方でお金を残す。

残ったお金は、将来の会社の苦境の時に役立ち、更なる飛躍を期す時に役立たせる、そんな痛みを知った経営者を多く作るお手伝いをこれからも続けたいと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]