忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
年商4億円の建築工事主体のお客様の話です。

25年6月頃取引先の紹介で新規の建設会社より見積の依頼が有り、多少利益率の良い内容で300万位の下請工事を受注。7月に施工して請求書提出するも、10月になっても入金が無い為催促の電話を入れた。

少し入金が遅れていますが施主からまもなく入金予定ですので、もう少し待って下さいとのお返事で様子をみる。

12月になって再請求の電話をすると、会社の電話も、社長の携帯も何度掛けても留守番電話の応答メッセージになる。帝国データバンクに問い合わせても倒産の事実はないが・・・・・・・・

今後回収できるかどうかは不明であるが、反省点として
①取引先の紹介とは言え、新規の取引先について、与信調査等、慎重な対応が必要だった。
②10月の時点でもっと強く回収に向けての対応をすべきだった。
③今になって思う事ではあるが、既存の下請会社が支払遅延等で、仕事を請けてくれなくなって、新規先を探していたのでは?
④見積り通りの金額で受注出来た事、利益率も充分確保出来た事に、疑いを感じなかった。甘い話の罠にはまった?

等役員会で反省の声が出て、やはり一定のルールが必要ではと社長も専務も感じてくれた。

誰が悪いと言う話に置き換えず、率直に反省、改善点を話し合える事が良い事ではあるが、

そういえば、以前私の勤務先で、ある建材商社に注文しようとした時、その会社から新規の場合は半分を納品前の入金、残りの半分を納入後7日以内に振込の条件提示をされた事を思い出した。

他人事ではありません、皆様の会社でも新規の取引充分ご注意を!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]