忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199

専門工事の年商5億円の建設会社で本当にあった考えられない話です。

この会社のお客様である年商50億円位の中堅住宅会社から支払日前に支払通知書が届き
工事毎の入金明細、協力会費、材料支給分、振込料等の相殺明細振込金額等細かく記載されています。


経理担当の奥様から重複して入金が入った時はどう入金処理をすればよいですか? 問い合わせがありました。
私は同じ工事の追加工事等では?担当者に確認をして下さい。と申し上げましたが、どうやら1つの工事の請求で、2回入金があったようです。


小規模の建設会社では、2度払いは何回も発見していますが、さすがに50億の規模の会社です。
私には考えられずに同じ工事名で2つの工事を実施又は追加分と思った訳です。

取りあえず月次の処理が出来ないので、借受金で経理処理して工事売上にはしないようにご説明。

後日先方から過入金の連絡で返却依頼がくるかもしれないし、又こちらから先方にご連絡して確認頂く事も必要かと
社長にご説明、
社長曰くいつも値引きやらサービス工事をやらされているから・・・・・・・・

この考え方の善し悪しは兎も角考えにくい出来事ですが、本当にあった出来事です。
金額にして200万位の話です。大きな会社でも経理のミスは発生するのです。
チェツク体制の確立重要です。

さて、架空売上を立てて、入金処理をしたのか?お客様に話して返却したのか?興味ある出来事です


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]