忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279
社員さんへの指示の仕方で大きく成果に開きが出る会社の例です。(どちらも私が事務所で作業中に耳にした事です)

A社長「○○さんいつもありがとう!今日のXX建設の見積もりの件先方も急いでいるので少し詰めてくれると助かります、宜しくね」

A社員「社長XX建設さん見積もりですが、今先方にメール送信できましたのでご報告させて頂きます」

A社長「ありがとう!素早い対応のお陰で受注確率が高くなりそう、ありがとうね」
後日
A社長「○○さん先日のXX建設さんの見積もりの件お陰で受注出来た!ありがとうね」

こんな会話をA社では事務所の中で飛び交っています。
A社は毎期、業績好調です。

B社長「おーい○○さんXX建設さんの見積もり急ぎだで、大至急やってくれ」

B社員 特にリアクションなし

B社長「おーい○○さんXX建設さんから督促の電話があったけど見積もりどうなった、まだ出来んのか」

B社員「実は他の仕事も立て込んでいて(たくさんの仕事の内容を言い訳説明)まだ出来ていません」

私は、ホウレンソウやコミュニケーションの専門家ではありませんので、専門的な指導は出来ませんが大筋の話はA社、B社同じです。

部下とのコミュニケーションを上手くとり、部下から尊敬される上司になり、上手に部下を使い、成果を上げる、それがA社長です。

社員も仕事が楽しく出来、やらされ感では無く、やりがい感を持って仕事に取組む事が出来る。

伝え方を考えれば、会社の成果にも結び付く実例のご紹介です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]