忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145
20代で起業して10年になる土木工事の若手社長から相談があった。

6月20日に入金予定の大口売掛金が入金されず、原因は売掛先の50代の経営者が急病にて病院に入院した為との事

偵察を兼ねて病院に日参しているが、相当に衰弱した様子で、少し待ってくれとお願いされているが、若手社長の方も、入金がないと連鎖的に自社の支払いがショートするので相談があった訳です。

当面の資金繰りのメドをつけてから、詳しくお聞きすると
①社員2~3名の小規模な会社なので、会社の機能不全が予測される事。
②病状が深刻で万一の事態も考えられる。(社長は50代)
③生命保険はあるそうで、万一の場合はそれで払うからと社長が言っている。
④当面病院から遠隔操作で社員と奥さんで請けている仕事を廻す予定。

私は相談者の若手社長に、回収不可の可能性がこのままだと高いと思う、従って自分の会社を守る為に
経営者の妻に売掛債権の連帯保証人になって頂く書類を作って印を押させる事が先ず出来る事ではとアドバイスした。
病院の枕元で、厳しい話で病状など考えたら心を鬼にしないと出来ないかも知れないが是が出来れば、遅れても回収の可能性が出てくるが、最悪の状況を予測すると貸倒になる可能性が高いと話をきいて感じたので若手社長に話した。

頭では分るが、行動出来るか?多少疑問の返事だった。

此処で言える事は3つ、事業をすると言う事はこんな厳しい場面も考えなければならない事。甘く考えると自分も共倒れ更に自社の社員、家族、取引先に迷惑をかける事になる。
行動してやりきる社長と出来ない社長の差が会社を継続する上で差がつく事。
そして小規模の会社では、私自身も含めて、経営者は健康面でも注意が必要、常にこんなリスクを伴い仕事をしている事実はどこにでもあると思う。
リスク回避に生命保険があるとしても亡くなった後の話なので、
会社経営には健康な身体と強い精神力が必要だと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]