忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217
お客様の年商8億円の建設業の会社様のお話です。

会計事務所の職員さんからお客様の事務担当に、4月の入金、支払を銀行帳や手形帳に5%か8%か記入して下さい。との依頼

この会社では自計化出来ておらず、会計事務所で記帳代行の形をとっています。又銀行帳等から分らない相殺等の処理も従来置き去りにされていました。私の方で、相殺内容を毎月メモしてお渡し売上等を正しく工事別と照合しています。

お客様の中でも入金時や支払時に売上、仕入等を仕訳されている会社様も中にはありますが、3月末の売掛内訳等で5%と8%の区別を出来るような資料を提出してお願い、又経過措置適用等イレギャラーな工事はお知らせして対応させて頂いていますが、この会計事務所の職員さんに3月と4月の資料を参照してお願いします。他のお客様の会計事務所さんではこの形でお願いしています。・・・・とお伝えしましたが、やはり会社の事務担当に銀行帳に5%か8%か記入して下さい。
と依頼しているようです。5%の請求分の入金が何時まで続くのか分りませんが続く限り記入が必要?

よくお聞きすると、顧問料はそこそこなのに、会社に訪問して帳票の確認等は1度もない様です。

勿論会社で自計化出来、経理の分る方が見えて、経理力のアップが経営向上の鍵と何時も申し上げているのですが・・・・

経理力の不足している会社+不親切な指導等無い会計事務所=会計・経営への不安・不信に繋がると思います。

1日も早く経理力のアップを図り経営向上を目指して頂きたいと心より思っています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]