忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323
タイトルの面従腹背(メンジュウフクハイ)はうわべは従順にみせかけ、内心では従わない事と辞書にはあります。

社長がセミナーや経営者塾等で勉強されて、今我が社に必要な改善策を社内に導入しようとする。

よくある話ですが、いわゆるトップダウンでの施策が打ち出されますが、上手くいかない会社さんを拝見するとタイトルの面従腹背が多く見られます。

上手く機能させ、社長が必要と思う改善策を実行出来業績が向上する事が大事なのです。
その為には幾つかの注意が必要です。

1つには、社員さんに理解されない事です。社長の説明不足が原因です。言えば分る方は大丈夫かもしれませんが、言っても分らない方又は分ろうとしない方が見えます。丁寧な説明が重要です。

でも忙しい社長が個別にしなくても、完全に理解した社長の影武者を作る事です。それが担当部署のトップであったり、ナンバー2の役割です。

社員からすれば、今迄の仕事のやり方を変える事への不安や恐怖もある訳です。或いは自分にとって都合の悪い事が起きたりします。だから改善のやり方を言われてみても、そのようにやらずに今迄通りのやり方で仕事をします。それを注意すると、出来ない理由をいっぱい並べ抵抗します。

これを放置する事が上手くいかない会社の特徴です。

ではどうすれば良いのか、改善策の導入前に手間でも、なんでこれが必要なのかを説明する事は勿論ですが、それを進めると社員側の立場で何が不都合かの意見を聞いたり、どんな効果があるか等話しあう事が必要です。

又主にこの改善策を推し進める責任者を決めます。その方が改善策の進捗度を確認したり、逆らう社員に話をしたりする必要があります。

でも、業績が常に良い会社さんは、決まった事が当たりまえのように進みます。

悪い会社は、何を決めても、知らぬ間に決めた事が守られず、反故にされたり、決めた事が消滅しています。

結局はこれが社長さんの差でしょうか?

社長が決めた事あるいは会社で決まった事が守られない会社の社長さんは反省が必要です。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]