忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324
年商9億円の専門工事会社A社での銀行借入のお話です。

A社は債務超過の厳しい経営状況を脱して、毎年黒字の決算です。自己資本も多くなってきました。

銀行からの借入金は全て保証協会付の借入金でした。又元請け先の手形も集金後直ぐ割引をしていましたが

最近は長期の借入金は保証協会付の借入金が主体ですが、好決算を背景に銀行にお願いした所

短期の手形借入が出来るようになりました。又必要な時に何時でもお金が借入出来る、当座貸越も交渉中です。又手形の集金分も割引せずに期日迄持越す事も出来る程に好転しています。

借入金は銀行が保証協会付を進めてきますが、設備等の長期資金は別かも知れませんが保証協会付の場合には、金利が安いとはいえ保証料が別途掛かります。結果保証料と金利を足せば高い金利で借り入れた事になります。もう1つ銀行が勧める理由は、万一の時に80%又種類によっては100%銀行は保証協会から回収可能な為保証付を勧める訳です。

何が言いたいかと言えば、会社の資金調達能力の向上の話です。

手形は割引かずに手元にあれば、その金額は必要な時に直ぐ割引して資金化出来る訳です。
名古屋人は借入が嫌いな方も見えますが、売上が減ったり得意先の不慮の事故等で回収が遅れて資金繰りに支障をきたす場合などには、手形が手元にあれば容易に資金化出来る訳です。

又保証協会の借入枠も無担保枠についても、信用面の評価もありますが、今迄の借入実績も評価される訳で、その無担保枠を空けておけばいざとなった時に借入しやすい訳です。

結果、会社の資金調達能力が向上したと言えるのでしょう。

自社の資金調達能力を年に1度、決算書が出来た時位は、借入金の内訳や自社の担保能力や個人の担保余力、会社に提供する事が出来る預金額等

自社の資金調達能力について、考えてみる事も社長の重要な仕事です。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]