忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
年の瀬もせまり賞与の支給金額に頭を悩ませてみえる社長さんも多いのでは?

賞与の支給日は決まり誰に幾らを支給するか?

経理から明日の支給ですので、社会保険料や源泉徴収や現金の引き出しもあり早く決めて下さい。

もう少し待ってと鉛筆舐め舐めの社長さん多いと思います。中には前回幾らだっから幾らとか、最近だけの業績を気にして決めたり、ルールがないと難しいものです。

支給額の査定方法の改善の会社さんの例は以前に投稿させて頂きましたので、ご興味のある方はご覧ください。
http://donburi.gjgd.net/Page/2/

本日は支給時の社員さんへのフィードバックのお話です。社長さんは銀行振込でも現金の支給でも、支給額の根拠を社員さんにお話すべきだと言う事です。

業績の良い時はお話になり、悪くなり支給額が低い時は黙っている、これは良くないと思います。

大まかに会社の業績の説明、個人に対しての支給の根拠、どうすれば今後支給額が増額出来るか?
等お話することで、社長さんにも考える必要が生じ、社長さんの経営に対する思いや社員さんにどうなって欲しいか等、頭の整理が必要になります。これも重要な事だと思います。

又社員は必ずしも納得はしなくても、会社の状況や自分の支給の根拠が分る事も重要な事だと思う。どうすれば会社から高い評価が得られるか?社長からみて自分の何が足りないか?等コミュニケーションを図ることで、モチベーションが高くなると思います。

大事な賞与のフィードバックで新年の社員のやる気に繋げる事、大事な事だと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]