忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
お盆休みに、友人が所長を勤めるガソリンスタンドにお墓参りの帰りに立ち寄り、給油、オイル交換、洗車等をして頂いた。正社員は所長1名、アルバイト3名程度の小規模なガソリンスタンド。

所長の友人から(経営者ではない)社外秘の、経営成績のエクセルのシートを見せられビックリ!

ビックリしたのは2点
①ガソリンは儲からない。1Lの粗利益が10円程度と非常に低い(粗利益率7%程度)軽自動車で給油が30Lの場合、窓拭いてレジ打って、300円の粗利益しかない。だからオイルとか、洗浄液とか洗車とかの粗利益確保が重要。(競合関係もあり、高く売る事も難しい、仕入れもメーカー系列で交渉も難しい)

②ガソリン、ハイオク、軽油、灯油、洗車、用品売上等の売上数量、金額、粗利益額迄びっしり分析したシートが作成、又粗利益から固定費、人件費、他経費毎の金額、加えて本社経費(分担金)合計を引いて、月毎のスタンド利益がきちんと管理されている。(6件程度のスタンドを経営している会社で各スタンド毎の粗利益を公開する事で各所長の責任者としての明確な数値管理が実行)

でも赤字のスタンドが多く全社的には経営が厳しい状況のようだ。(私のアドバイスは、粗利益の高い商品を探す。給油時にお客様が欲しくなる、必要な用品の仕入れ開発的な事で固定費を上げずに粗利益が上がる事の重要性をお話した。(人件費以外の固定費は下げようがなさそうです)

経営者でもない、社員が此処まで、部署の数値管理が出来ている、素晴らしい事(でも儲からない業界)

お客様の建設業の社長さんに見せてやりたい資料であった。でもしっかり数値管理が出来て、分析して戦略を立てれば伸びしろが大きい建設業しっかりサポートして行きたい思いを改めて確認させて頂いた資料だった。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]