忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96
金融機関の経営相談に訪問した会社での信じられない本当のお話。

設備工事の会社で年商が2億⇒1.6憶⇒1億と3期連続して減少して赤字が続いている会社。担当支店の支店長が顧客の事を心配して専門家のアドバイスを受けたらと依頼があった。

いろいろなお話をして、現状の状況を分析説明して御理解を頂いた。

ところで今期の売上はとお尋ねしたら、お返事がない。試算表はありますか?とお尋ねしたら一応出てきました。
拝見してびっくり!4ヵ月経過で何と売上高800万?月200万平均しかない。この他に大型官庁工事が2千万あるそうですが、計算すると200万X12+2000万=4400万が現状の今期の見込み売上、前期の約半分です

先程損益分岐点の売上が現状の利益率で2億円必要です。と御説明後だったので、本来なら大騒ぎになってないとおかしい(資金繰りも大変なはず)
知らない事は恐ろしい事だと思った。税理士さんから試算表を頂いた時話はありませんでしたか?何も聞いてない。との答え、資金ショートしない理由を調べて2度ビックリ!

材料の仕入れ先が1社に限定され、ある時払いの催促無しの取引で長い間の取引慣習があるとの事。
つまり売上が落ちても材料の仕入れが未払い(勿論買掛金にも未計上)なので、資金繰りは多少詰まっても廻っていた事が分った。理由を説明して大変さをよく説明。

未だにこんな取引があるとは本当にあった嘘のような話を実体験した。ビックリの連続の訪問先であった。

でもこの社長分ったけど、本当に改善策早急に実行してくれないと大変な事になるけど、大丈夫?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[01/19 crystal]
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]