忍者ブログ
建設業の総務・経理に携わって、数十年… ”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として事業で邁進中。日々の出来事や思いを綴ります。
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60

決算書の分析を依頼されたA社へ訪問。設備の会社で、年商約3億円位の会社です。ここ数年業績が振るわず、債務超過になった会社です。銀行から経営改善計画の作成と資金繰り表の作成を依頼されて困っている会社です。

決算書を拝見して、債務超過なのに流動比率、当座比率が悪くないのに気がつきました。何故資金繰りに詰まるのか?疑問に思いました。

決算書表記は現預金ですが、科目明細を見ると現金に5千万あるので疑問に思い社長にタンス預金ですか?と問い合わせ。社長は微妙な微笑みを浮かべ実は・・・・・・・

昔(10年位前)親族が経営していた別の事業の失敗で、5千万会社から金を出した時のお金です。えっ銀行にもバレてしまっているのでは?取引銀行は周知の事実です。沢山の決算書を見ていますが、初めて遭遇するケースです。

普通、貸付金か仮払金とかの資産課目でお金を引き出すはずですが?

お金を出していない事になっているのは疑問です。どうしてこうしたかは経営者も分らないそうです。一目で分る形の決算書どうしてこの税理士さんは組んだのか?又経営者に説明する責任が税理士さんに有るのでは?経営者も何故?が無く税理士任せになっている点反省が必要です。

初めて遭遇した不思議な決算書のお話でした。




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/27 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[06/16 松尾健一]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
服部 正雄
性別:
男性
自己紹介:
長年にわたる建設業での総務・経理経験を活かし、”脱どんぶり勘定”を目指す経営者様の補佐役として『株式会社アイユート』を設立し、事業に邁進する。
コンサルティングと原価プロにより、事務処理型の経理からの脱却・攻めのデータ・数値分析手法で経営改善を実現する。

ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]